顔が赤くなることとがんの関係について

ilm17_ca05018-s.jpg顔が赤くなることはとく珍しいことではないでしょう。緊張したとき、赤面することもあれば、お酒を飲んで顔が赤くなることもあります。これは多くのひとにあてはまる日常的なものといえます。

しかし、世界保健機関(WHO)がアルコールとがんの関係について研究して示した見解について注意すべきものがあります。

それは、お酒を飲んで顔が赤くなるひとと、そうでない人についての食道癌の発症率の違いです。世界保険機関は、飲酒して顔が赤くひとは、食道がんリスクが12倍にもなるとの数字を発表しました。

飲酒後の赤面、いわゆるアルコール紅潮反応が起こる原因はアルコール分解酵素の遺伝的な欠乏が原因といわれています。

アルコール分解酵素とは、詳しくはアルデヒド・デヒドロゲナーゼ2(ALDH2)と呼ばれるもので、アルコールをアセトアルデヒドに分解します。

実は多くの日本人がこのアルコール分解酵素の活性が欠乏しており、飲酒後の赤面につながっているのです。割合でいえばおよそ4割の方が欠乏しているといわれています。

このALDH2の働きが不完全であることが、食道がんのリスクを高くすることにつながっているのです。このことを認識すると、お酒を飲んで顔を赤らめ、陽気になるということが、ほほえましいとは一概に思えないでしょう。

日本人に限らず、アジア全域でみてもこのALDH2の欠乏は多く、あまり、それゆえ逆にあまり認識されていないのです。

12倍という数字が示すように、決して楽観できるものではありません。ALDH2欠乏が考えれる方は、普段の飲酒量を控えるようにして、食道がんを予防するようにしましょう。

Filed under: 顔が赤くなる — 15:33:00

運動すると顔が赤くなる理由と対策法

ilm07_ca13012-s.jpg顔が赤くなるのを気にされている方は多いもので、赤面する状況はさまざまあげられますが、そのひとつに運動をしたときがあるでしょう。

自分では、そこまで激しい運動をしているつもりがなくても、顔が真っ赤になってしまう。そのことを恥ずかしく思って、人前で運動をするのを避けようとしてしまう方もいらっしゃるようです。

運動をすることで体温が高まります。この変化に合わせるように毛細血管は拡張をはじめます。

頬には毛細血管がたくさんありますから、すぐに顔色の変化、つまり赤面となってあらわれてるのです。血管の拡張させ、体内血液循環を円滑にいくように調整するのです。

この際、頭部に圧迫されるようにズキンズキンする痛みを感じるときがあります。これは血管性頭痛とも呼ばれる症状で、改善には血管収縮薬が用いられる場合があります。

この血管収縮薬により、顔が赤くなるのを予防することもできますが、長期的に服用すると副作用が心配です。

運動をすると顔が赤くなるようであれば、少しずつ体を慣らしていくように、運動を習慣にするようにしましょう。また準備運動にも時間をかけるようにして、体内の血液の流れが徐々に活性化していくように意識しましょう。

運動不足を解消し、規則正しい生活をおくることを心掛けることで、顔の赤みの改善につながっていくこともあります。

顔が赤くなることが運動に起因している場合、重大な病気であるわけではありません。恥ずかしく思う必要などなく、マイペースに改善していくようにしましょう。

【参考情報】
赤面症の治療まるわかりガイド
赤面症で悩まれている方向けに治し方を詳しく紹介しているサイト。

Filed under: 顔が赤くなる — 15:19:00

暑いときに顔が赤くなる理由と対策

ilm16_cd06054-s.jpg顔が赤くなるときはさまざまな状況が考えられます。人前に出て、緊張したとき赤面することもあれば、飲酒したとき顔が真っ赤になる方もいます。

また、暑い日、外出すると顔が赤くなるという方もいるでしょう。他のひとからみれば、とくに気にならなくても、本人は赤面することがとても気になっていることが多いです。

そもそも、顔色は血流を反映している結果だと考えましょう

血管が大きく拡張したり、また逆に小さく収縮したりするのはご存じでしょうか。これは体の中の温度を一定に保とうとすることで、このような血管の変化がみられます

この血管の変化が、顔の色にもつながってきます顔の表面下にも当然、毛細血管が通っていますから、とくに頬の部分など血管が集中しているところでは、顔色の変化が顕著になってあらわれます

「暑い」という状況にいると、血管は拡張します。毛細血管が拡張することにより、血液量は増加して、表面的に顔は赤面となってみられます

ですから、こういう状況下では風通しは良い服を着るなどに対策をとって、体内に熱がこもらないようにしましょう

なんとか身体を冷やそうとして、冷房で急激にあたることも、良くありません
温が急に変化しようとしますので、血管の収縮、拡張運動が頻繁に行われ、顔が赤い状態が改善されません

体内の血液の流れを良好に保つことを意識しながら過ごすようにしましょう。赤面がストレスとなって、血行不良、冷え症になれば、悪循環に陥ってしまいますので気をつけましょう。

Filed under: 顔が赤くなる — 13:12:00
  プロフィール  PR:無料HP  米沢ドライビングスクール  専門学校 学費  タイヤ 格安  カーナビ 買取  タイヤ マークX 新品  自動車整備 専門学校  ホンダツインカム  信州伊那  アメジスト  小学校教諭 大学  タイヤ持込み取付  名簿販売