運動すると顔が赤くなる理由と対策法

ilm07_ca13012-s.jpg顔が赤くなるのを気にされている方は多いもので、赤面する状況はさまざまあげられますが、そのひとつに運動をしたときがあるでしょう。

自分では、そこまで激しい運動をしているつもりがなくても、顔が真っ赤になってしまう。そのことを恥ずかしく思って、人前で運動をするのを避けようとしてしまう方もいらっしゃるようです。

運動をすることで体温が高まります。この変化に合わせるように毛細血管は拡張をはじめます。

頬には毛細血管がたくさんありますから、すぐに顔色の変化、つまり赤面となってあらわれてるのです。血管の拡張させ、体内血液循環を円滑にいくように調整するのです。

この際、頭部に圧迫されるようにズキンズキンする痛みを感じるときがあります。これは血管性頭痛とも呼ばれる症状で、改善には血管収縮薬が用いられる場合があります。

この血管収縮薬により、顔が赤くなるのを予防することもできますが、長期的に服用すると副作用が心配です。

運動をすると顔が赤くなるようであれば、少しずつ体を慣らしていくように、運動を習慣にするようにしましょう。また準備運動にも時間をかけるようにして、体内の血液の流れが徐々に活性化していくように意識しましょう。

運動不足を解消し、規則正しい生活をおくることを心掛けることで、顔の赤みの改善につながっていくこともあります。

顔が赤くなることが運動に起因している場合、重大な病気であるわけではありません。恥ずかしく思う必要などなく、マイペースに改善していくようにしましょう。

【参考情報】
赤面症の治療まるわかりガイド
赤面症で悩まれている方向けに治し方を詳しく紹介しているサイト。

Filed under: 顔が赤くなる — 15:19:00
  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 格安  IT 専門学校  バイクパーツ  カーナビ 持ち込み  タイヤ キューブ 格安  バイオ技術者 専門学校  中古部品 バイクパーツ  ふくやま自動車学校  数珠  心理学 大学  音楽 専門学校 福岡  中古パーツ 買取 鈴鹿市  リノベーションローン