立ちくらみが起こる原因とは?そのメカニズムについて

ilm2009_02_050-s.jpg誰しも経験している立ちくらみです。長時間立った状態が続いているときや、立ち上がろうとしたときなどに起こるものですよね。

頭がクラクラして、視界が暗くなる症状をともないますので、状況によっては、転倒して怪我をすることもあり。2次被害にも注意しなければいけません。

意識識が遠のくような症状がみられますが、これは一時的に脳内が不足することが原因となっています。

つまり、立ちくらみが起る原因として、脳内の血液不足が起因しています。では、もう少し立ちくらみの原因についてみていきましょう。

例えば、横になってテレビを長時間見ているとき、トイレに行くために立ち上がろうとしたときに立ちくらみが起こったとしましょう。

これは、通常、脳に送られる血液は一定に保たれているのですが、急な運動についていけず、一時的に脳内の血液が不足することが原因となっているわけです。

脳に血液を運ぶためには酸素が必要であり、つまり、この場合、体内における酸素が不足していることになるのです。

ほかにも、低血圧に方は長時間、立った状態でいるときに起こる起立性低血圧によるものも考えられます。

頭を高い位置で保ち続ける、つまり、直立した状態でいると、脳に血液が運ばれづらくなり、立ちくらみを起こす原因になってしまいます。

ですから、低血圧の方は、事前に長い時間、立つことが予想される状況においては、意識的に休憩をとるようにして、脳に血液が不足しないようにすることも大切です。

Filed under: 立ちくらみ — 22:34:00
  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 格安  IT 専門学校  バイクパーツ  カーナビ 持ち込み  タイヤ キューブ 格安  バイオ技術者 専門学校  中古部品 バイクパーツ  ふくやま自動車学校  数珠  心理学 大学  音楽 専門学校 福岡  中古パーツ 買取 鈴鹿市  リノベーションローン