立ちくらみが起こった際に覚えてきたい対処法

ilm16_cd06015-s.jpgそのとき、どんな状況におかれているのか?二次被害の危険にさらされていないか?

実際、立ちくらみは予期せずに発症するものですから、いくら用心しようとしても突然それは起こるものです。

ですから、立ちくらみの対処法を知っておくことで事前に、症状を悪化させることを避け、さらに冷静でられることができるせしょう。

では、目の前が暗くなり、視界が狭まっていくように感じる立ちくらみが起こったときどのように対処すればよいのでしょうか。

まずは、慌てないで落ち着くことです。立ちくらみの症状をなんとかしようと必死に体に力を入れたりしないことです。無理に体を動かそうとするとそのままバランスを崩して、頭をアスファルトに打ち付けてしまう危険性もあります。

そうはいっても視界が暗くなるなど、心も動揺してしまうものです。
しかし、立ちくらみは症状がずっと続くことはありません。
長くても数分間程度であり、いずれ必ず治まるものなのです。

ですから、じっとしていれば、また元の状態に回復します。慌てて動くと症状を悪化させてしまいますが、じっと安静にしていれば、直に回復するものだと意識しておき、こころを整えておくことも大切な対処法になるのです。

いかなる状況下においても、立ちくらみは起りますので、予め対処の方法を頭でトレーニングしてみることです。

もちろん、毎日の生活においても生活習慣を規則正しくするなど、ストレスをためない生活をこころがけることは立ちくらみを予防する対処法ともいえるでしょう。

【参考サイト】
パニック障害克服のための治療情報
パニック障害を克服するための色々な治療に関する情報をご紹介しています。

Filed under: 立ちくらみ — 22:34:00

立ちくらみと自律神経の関わりについて

ilm17_ca05007-s.jpg立ちくらみが起こった場合、まずはその原因を知ることが非常に大切になります。

もちろん、起立性低血圧症と呼ばれる、立とうとしたときに立ちくらみの症状がみられるものもあります。

体内血液の循環について異常があれば、脳に送られる血液が不足して立ちくらみが発症することがあります。

さらにそれ以外にも病気の症状として立ちくらみが起こる場合もあります。なかには自立神経に関わったものもあります。

交感神経と副交感神経がある自律神経ですが、これらのバランスが崩れたとき、身体にさまざまな変調をきたします

いわゆる自律神経失調症とよばれるもので、症状には個人差がありますが、そのなかに立ちくらみも含まれています

とはいえ、立ちくらみはたくさんある症状のひとつにすぎません。自律神経失調症になると、耳鳴りや頭痛、生理不順や吐き気をもよおしたり、情緒不安定の状態になります。

身体的なものと、精神的なものがあり、注意が必要になります。これら該当する症状が重なる場合、早急に病院に行き、適切な診断をしてもらいましょう

単に立ちくらみが起こっているだけであれば、そこまで警戒することはないですが、自律神経失調症であれば早期治療が大切です。

精神的な動揺が続き、人間不信に陥るなど症状について楽観することはできません。自分では、病気であることを否定しようとしても、周りのひとからのアドバイスがあれば、素直に従って一度病院にいくようにしましょう。

もし自律神経失調症についてどういった病気なのか知りたい方は、こちらの自律神経失調症の治療まるわかりガイドというサイトに基礎知識から治療のやり方まで紹介されていますので参考にしてみては如何でしょうか。

Filed under: 立ちくらみ — 15:56:00

立ちくらみが起こる原因とは?そのメカニズムについて

ilm2009_02_050-s.jpg誰しも経験している立ちくらみです。長時間立った状態が続いているときや、立ち上がろうとしたときなどに起こるものですよね。

頭がクラクラして、視界が暗くなる症状をともないますので、状況によっては、転倒して怪我をすることもあり。2次被害にも注意しなければいけません。

意識識が遠のくような症状がみられますが、これは一時的に脳内が不足することが原因となっています。

つまり、立ちくらみが起る原因として、脳内の血液不足が起因しています。では、もう少し立ちくらみの原因についてみていきましょう。

例えば、横になってテレビを長時間見ているとき、トイレに行くために立ち上がろうとしたときに立ちくらみが起こったとしましょう。

これは、通常、脳に送られる血液は一定に保たれているのですが、急な運動についていけず、一時的に脳内の血液が不足することが原因となっているわけです。

脳に血液を運ぶためには酸素が必要であり、つまり、この場合、体内における酸素が不足していることになるのです。

ほかにも、低血圧に方は長時間、立った状態でいるときに起こる起立性低血圧によるものも考えられます。

頭を高い位置で保ち続ける、つまり、直立した状態でいると、脳に血液が運ばれづらくなり、立ちくらみを起こす原因になってしまいます。

ですから、低血圧の方は、事前に長い時間、立つことが予想される状況においては、意識的に休憩をとるようにして、脳に血液が不足しないようにすることも大切です。

Filed under: 立ちくらみ — 22:34:00
  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 格安  IT 専門学校  バイクパーツ  カーナビ 持ち込み  タイヤ キューブ 格安  バイオ技術者 専門学校  中古部品 バイクパーツ  ふくやま自動車学校  数珠  心理学 大学  音楽 専門学校 福岡  中古パーツ 買取 鈴鹿市  リノベーションローン